TERRACE

  1. HOME
  2. TERRACE

"速読"とは?

「視読」という頭の中で音声化せずに理解する読み方!

大半の方は通常『頭の中で一文字ずつ音声化する(=黙読)』という読み方で文章を読んでいます。 これに対して、速読は『文章をかたまりで瞬間的に視野に入れ同時に内容を理解する(=視読)』という読み方を行っています。 トレーニングでは、一人ひとりの読書速度に合わせて、段階的に読み方を変えていくトレーニングを行います。

斜め読みや飛ばし読みではない、理解度や記憶力をともなった読み方
「見る」という能力をアップさせると「理解」「記憶」「感性」など、読むことに関わる他の能力も、それに追いつこうと処理能力を高めます。このように、脳にはひとつの刺激によってさまざまな反応を連鎖的に引き起こす「汎化作用」という性質があります。概略把握的な読み方とは違うので、内容の理解度や記憶力は維持したまま、読書速度を引き上げます。

    

問題文の意味を理解し、道筋を立てて答えを出す力を鍛える

速読のもっとも大きなメリットは「本が早く読める」ことです。

せっかく本を買っても読まない、いわゆる「積読(つんどく)」だった人も、速読で1冊を5分かからずに読み切れたらどうですか?

現在は技術やスキルの変化が激しくなり、昔のようにひとつのスキルを武器に生きていくのが非常にむずかしい時代です。いくつになっても常に新しい知識を学び続ける必要があります。

短期間に大量の情報をインプットできる速読は、今もっとも必要とされるスキルといえるでしょう。

実施教室