無料体験・お申込みはこちら

ブログ ~STEMON Days~

レッスンのようすや、日々の気付きなどをつづっています。

今回ご紹介するレッスンテーマは『てこ』です。

てこと言えば、中学受験の物理分野において主役級の存在ですね。

低学年の子たちは、てこの原理を理解してくれるかな?と少し心配しつつ、レッスンスタート。

まず初めに基本事項を説明した後、ブロックで作ったてこの模型を使って、「支点と力点の間の距離が長くなると、小さな力で物体を持ち上げられる」ということを体感してもらいました。

「あっ! 全然ちがーう!」「うわっ! おもっ!」など歓声をあげながら、皆ちゃんと違いをわかってくれました。

その後、皆の大好きな制作タイム。

見本を置いてはいるのですが、各自のオリジナリティが出るわ出るわ・・・

これが醍醐味なんですよね~(*^^*)。

原理さえ再現してくれれば、デザインや大きさは自由なので、毎回見本とは似ても似つかない作品のオンパレードです。

↓は、小学3年生の作品です。機動力も備わっていそうなカタパルトですね。

一方、↓が見本です。いたってシンプルですね(笑)。

こうして比較すると、子どもたちの創意工夫の素晴らしさがよく分かりますよね。しかも、たった30分足らずの間に制作するわけですから、子どもたちの能力は本当に限界知らずだなと感じます。

制作後は「ピンポン玉をどこまで飛ばせるか」ゲームをしました。

皆、当然1位狙いなので、一生懸命に改良を重ねてくれました。

「高さがある方が遠くまで飛びそう!」「腕の部分を長くしたらもっと飛ぶんじゃないかな?」

「力いっぱい飛ばすには、壊れないように丈夫にしとかないと!」などなど、今回も知らず知らずのうちに物理の学習がしっかり進んでいる様子(^^♪

受験の王道のてこですが、こんなに楽しく原理を学べるんだなぁと、私自身勉強になったレッスンでした。

今回は年中さんのレッスンを紹介します。

先日行ったレッスンのテーマは『でんきのちから』。

私たちの生活に不可欠な電気がどこからやってきてどのように役立っているのかを学習しました。

その後、「こんな電化製品があったらいいな」という未来の電化製品を制作してもらいました。

講師たちは、「家事ロボットが欲しいよね~」「買い物に行ってくれて、買ってきた食材で料理までしてくれたら最高!」「洗濯物もたたんでもらえたらなぁ...」と話して盛り上がっていました。

そんな中、年中さんの女の子がつくってくれたものはコチラ!

元気のない人にお花を配ってあげるロボットだそうです(*^^*)。

自分がいかに楽するかを考えていた私たち、恥ずかしい気持ちになりつつ、心が洗われたようでした。

今回のレッスンテーマは『重心』。

すべての物には重心という重さの中心があることを学習しました。ものさしのように太さがどこでも同じ物の重心は真ん中にあることや、バットのように片側が太くなっている物の重心は真ん中よりも太い側に寄った位置にあることは、みんな感覚的にわかっていました。

そこで、不規則な形に切り取った段ボールの重心について尋ねてみました。

「このへんかな?」「もうちょっと左かも?」

意見が出尽くしたところで、糸とおもりを使った重心の見つけ方を説明し、実際にそこを指1本で支えて見せると、「おおーっ!!」と歓声。本当に良い反応をしてくれます(*'∀')。

重心について理解を深めてもらった後は、いよいよお待ちかねの制作タイムです。今回つくるのは「コマ」。

まずは、自由につくってもらい、そのコマの回る時間を計測。その後は、もっと長く回るコマにするべく改造タイムです。

よく回るコマにするために気を付けるポイントは4つ。キーワードは「重心」「先端」「形」「重さ」です。床との摩擦や空気抵抗を極力抑えつつ、回転の軸がぶれないように......といったヒントをあげてみました。(実際はもっとかみ砕いて伝えましたが(;^_^A)

「長く回るコマをつくりたい!」その一心で、真剣に説明をきいてくれました。子どもたちは夢中で楽しんでいるだけなのに、実は物理の学習が進んでいる――これがSTEMONの醍醐味です。

そして、みんなが改良に改良を重ねたコマを持って、決勝戦です!

今回は、先ほどのタイムとの合計で優勝者を決める形にしました。2回目ともなると、コマの回し方も上達してくるもので、そのおかげもありつつ、みんな大幅に記録更新(笑)。優勝者が決まった後も、最高記録を目指してトライし続けていました。お家の方がお迎えに来てくれてもまだまだ改良をし続ける子どもたち(;^ω^)。半ば強引にレッスン終了となりました。

今後のレッスンも、子どもが本来持っている好奇心や意欲を最大限に引き出してあげることを意識しながら進めていきたいと思っています。

こんにちは!STEMON秦校です。

今週のレッスンテーマは『色』。

人間の目がどのようにして色を認識するかについて学習しました。例えば、緑色に見える草は、光のうち緑色のものだけを反射するため、その光が目に届くことで緑色に見える、といった感じです。

小学1年生には少し難しいかなと思いながら説明しましたが、みんなすぐに理解してくれたようで、「じゃあ、あの黄色い壁は、黄色の光だけを反射しゆうがや!」と、教室にあるものの色を探しては発言してくれていました。

その後は、色相環を取り付けたルーレットの制作タイム。「ぼくはルーレットをいっぱいつくる!」「わたしは大きいルーレットにする!」と、思い思いのルーレットをつくってくれました。

(↑ 3つとも小学1年生の作品です。)

途中、「ルーレットがうまく回らない」と困っていた生徒に、「回す部分からの力が上手く伝わってないのかもね」とヒントを出すと、「じゃあ、ここにこの輪っかをつけて締めてみる!」と、見事に成功!1つ目のヒントは敢えて不親切なものにしているのですが、2つ目以降のヒントは要らなかったようです(;^_^A

次に、そのルーレットを使ったゲームを考案してもらい、最後にプレゼンタイム。自分のつくったルーレットのコンセプトをみんなの前で発表してくれました。

20~30分という限られた時間の中で、ゼロから作品を創り出す子どもたちの能力に、毎回驚かされます。

STEMON秦校でのレッスンはまだ始まったばかり。これからたくさんの驚きや感動を子どもたちと一緒に体験できることを楽しみにしています。